2006年01月12日

ぐっすり快眠大人のベットが凄いウェスティンホテル東京

ぐっすり寝られる夜と夜景が貴方を待っているウェスティンホテル東京の紹介です。

ウェスティンホテル東京はこんな感じ
東京の恵比寿に位置するウェスティンホテル東京なのですが、
ヨーロピアンクラシック調の落ち着いたなごやかな雰囲気と、経験豊かなスタッフのきめ細かいサービスで、すべてのお客さまを超セレブ的にお迎えしてくれます。

「豊かな時間」と「豊かな空間」がホテルのテーマになっているくらい、リッチな要素が満載です。

東京の中心に生まれた街「恵比寿ガーデンプレイス」。ウェスティンはこのホスピタリティ溢れる街の中にあります。JR恵比寿駅から「恵比寿スカイウォーク」で7分。雨の日でも、地下1階のプロムナードを通ってホテルまでお越しいただけます。

ウェスティンホテル東京ホテルのもう1つのテーマ「アンピール様式」のこだわり
アンピール様式のインテリアに非常にこだわりがあるのがウェスティンホテル東京なのです。

アンビール様式とは、フランス革命後に再びフランス帝政となったナポレオン時代、新しい皇帝と帝国のイメージを高揚させるために、重々しく厳格な皇帝風(フランス語でアンピール)として広まったインテリア様式です。現代の東京ではN.Yスタイルや北欧モダンなど比較的洗練されたモダンテイストのインテリアのことなのです。

ということは、東京にいながらフランス貴族のような気分に浸れるということです。


ウェスティンホテル東京一番の注目はなんと言ってもベット
ウェスティンホテル東京で一番強調したいのは、ベットなんです。



「ヘブンリーベッド」が凄いんです。
これはウェスティンホテル&リゾートが独自に開発した特別仕様のベッドで、もうすやすやと寝れちゃいます。日頃外泊ではなかなか寝れない人も、「ヘブンリーベット」で快眠、ヘブン(天国)気分を味わえます。

■ヘブン気分で目覚めた朝の朝食が
ヘブンリーベットで、気持ち良過ぎて本当に朝起きるのがつらいですが、すっきりした朝にはステキな朝食をいかがしょうでか。
ウェスティンホテル東京は、味、演出ともに都内最上位な、バイキングレストなのです。美味しいのでついつい食べ過ぎてしまうのが、欠点でしょうね。

ウェスティンホテル東京の宿泊ご予約は、ここからチェックできます。
(一休なら宿泊プランからお部屋、日にちが選べますし、格安になております)
まだ、いまならバレンタインの夜(前夜)でも予約できます(空室有り)1/12日現在


posted by たつや at 10:49| Comment(12) | TrackBack(1) | 目的別に選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。